あなたがいるから(あなたへ)

ずっと甘えて生きてきたのよ

頑張ることにも慣れてなくて

無理するくらいなら諦めればいいと

放り出した夢もあったわ


いつだったかな

「こんなあたしに…」と弱音を吐いたら

いつもは穏やかな声を荒げて

あなたは本気で怒り出したね

思わず「ごめん...」って謝ったけど

あの時はあたし よくわかっていなかった


でもね さっきあなたが

「僕なんか…」って口にした時

やりきれない苛立ちと悲しみが

溢れて止まらなかった

あの時のあなたも

きっと同じ想いだったんだね


もう あたしは大丈夫よ

あなたがいるから 前を向ける

あなたがいるから 自信が持てる

あなたがいるから…

あたしは あたしを好きでいられるの


だから どうか迷わずに生きて

俯かずに堂々と前を向いて歩き続けて

あたし ずっと見守ってるから 此処で


あなたを支える力になれたら…

星野美咲 WEB詩集

Poem Story of Lovely Memory